アレルギー症状が出やすい体質とは?

親がアレルギー体質だと子どももアレルギーになりやすい、という聞いたことはありませんか。これはあながち間違ってはおらず、親が何かしらのアレルギーを持っていると、同じ物に対してでなくとも、子どもも何かのアレルギーを持っている傾向にあると言われています。しかし近年ではこの様な理由だけでなく、アレルギーになる子どもが増えていると言われています。
近年の日本では抗菌、消毒など普段の生活は非常に綺麗な状況に囲まれています。本来ならば人は菌と共生することで徐々に免疫をつけていき、丈夫になります。しかし菌との共生がままならないまま大きくなると、逆に免疫力が弱くなってしまいます。だからといってゴミ屋敷の様な劣悪な環境は成長に良くないですが。また人間関係など様々な原因によるストレスや、白砂糖や油分の多い食事などの食生活の変化など、様々な要因が人間の身体に影響を与えています。小さな頃から空気清浄器など空調管理のされている生活に慣れていると、早い段階で花粉症になることも分かっています。つまりアレルギーの症状は遺伝子的要因だけでなく、環境的要因からも出やすくなるということが分かります。またストレスを多く抱えている人もアレルギーの症状が出やすいことも分かっています。人間はストレスを感じるとステロイドホルモンの分泌が弱くなります。ステロイドホルモンは免疫力のバランスを取るホルモンなので、このホルモンの分泌が少なくなると必然的に免疫力が低下したりします。結果、体調を崩すだけでなくアレルギーの症状も出やすくなってしまうのです。そのため食生活に気を付け、ストレスを感じないようにしたりストレスを発散することは免疫力の向上という観点からも重要だと考えられます。

■副作用の少ない薬
アレグラは飲んでも眠気が少ない
■効果が高い薬
ザイザル