アレルギー症状で一番重いのは何か?

アレルギーとは、体に一切の病原性を持たない物に対して、免疫機能が異常に働いてしまうことで発生します。もう少し具体的に言うと、花粉や食物、動物の体毛と言ったアレルギーを引き起こす物質がアレルゲンとなって、体の中にある抗体と結合することで引き起こされる症状です。引き起こされる症状はアレルギーの種類によって異なりますが、代表的な症状としてはまずはアレルギー性鼻炎が挙げられます。ヒスタミンやロイコトリエンと言った化学伝達物質が分泌されることで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりと言った症状が引き起こされます。これと併発する形で、涙目や目の痒み、瞼の腫れと言った目の周りに症状が出てくることも多いです。それから気管支系統に出てくる症状も、多くのアレルギーで共通して引き起こされる症状です。喘息や喘鳴、喉の奥の痒みなどが挙げられます。これらの症状に関しては、程度が酷い場合には生活に支障を来すと言うことはありますが、命に直結すると言う可能性は極めて低いです。これらに対して、アレルギー症状の中で最も重い症状として挙げられるのが、アナフィラキシーショックと呼ばれるものです。これは短時間に、全身の皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器と言った複数の臓器に、同時多発的に症状が出てくるものです。そのため発症してからあっと言う間に、急激な血圧低下や意識の消失、全身の痙攣や呼吸困難などが起こることも多く、処置が遅れると命の危機にも直結することがある、とても恐ろしい症状です。このアナフィラキシーショックは全てのアレルギーにおいて引き起こされると言うわけではなく、特に食物や薬物に対するアレルギーにおいて引き起こされる可能性が高いです。これは食物や薬物は、直接、体に摂取するためです。また蜂毒でもこれが引き起こされることは多いため、蜂に刺された際にも注意が必要です。